2012→2013→2016 WATTISMUSICFOR

映画/音楽/文学/美術

パーソナル・ショッパー

パーソナル・ショッパー オリヴィエ・アサイヤス 2016

セレブに代わって服を買い付けるモウリーンは双子の兄をパリで亡くし、生前の誓い、先に死んだ方がメッセージを送る、という誓いを信じて霊媒、精霊の声を聞こうと、兄が住んでいた家に行き、電気も点けずにソファに座っている。物音はするが、誰もいない。セレブ御用達のパリのカンボン通りで買い付け、次から次へ服をチェックし、買っていく。セレブの家はセキュリティも万全、ソファには雑誌の編集者がいて、セレブは弁護士とともに寝室で電話対談。ゴリラがどうのこうの。モウリーンの話は聞かない。モウリーンは編集者に質問を向けられ、答えてしまう。クール風だがクールではない。兄の元カノは家の売却先も見つかり、95日経って彼氏ができたことを告白。充分、喪に服した、生きたいの。モウリーンはもう一度、館へ行く、と、蛇口から水が出る、モウリーンはヒステリックにこれじゃわからない、声を聞かせて!と叫ぶ、すると白い少女の靄が現れ、嘔吐する。恐い。予測のつかないスピードで飛びまわるから。CG。

翌日からモウリーンのもとにUnknownからメールが来る。電話番号とか宛先のチェックをしてほしいな。お前が欲しい、身体じゃなくてな… と翻訳は男口調。まあ兄と編集者はどちらも男で、幽霊が女だったから、そうするのもわかるが、透明な口調にしたほうがよい。アンノウンにけしかけられ、モウリーンは禁じられていたセレブの服の着用を自分に赦し、ブラジャー、下着、上半身ベルト、ドレス、ヒールを身につけ、ベッドに入り、自慰して眠る。やりたい放題して目覚め、出かける。原付。家に帰ると高級ホテルの部屋のカードが入っており、そこにセレブの服で出向く。何もない。アンノウンがモウリーンの名前で予約した。セレブの家に行くと、ものは散らかっていてバッグも置いてあるがセレブの姿がなく寝室を開けると血まみれ、風呂場を開けると血まみれで横たわるセレブ。動転して一回原付で出て戻り、警察、帰宅、そのあいだにもメール、このメールのことはサツには言っていないだろうな、と、人間的なことを。幽霊ならそんなこと聞かない。彼氏とスカイプで話す。モロッコか中東のせいか画質が悪い。またあとでと切って携帯を見ると、たくさんのメールが届いており、消えた時間を取り戻すかのように相手が近づいてくる。メール見てるんだろ、このホテルに来い、お前がどこにいるかは知っている、今から行くぞ、階段まで来た、下まで来い… モウリーンはセレブの家からなぜかなくなっていたカルティエのジュエリーの入った赤い袋を自分の部屋で見つける… 翌朝、ホテルへ。ドアが開く。誰もいないのにエレベーターが開き、自動ドアが開く。透明人間? その次に現れたのは編集者でモウリーンと同じ部屋から出て来て、エレベーターを下り、外へ。待ち伏せていた青年二人に腕を摑まれ、車に連れ込まれようとするが、銃を発砲し、編集者は逃げる。

モウリーンは何事はあったが無事なようで元カノとカフェで会い、元カノの家へ、翌朝、元カノの今彼と庭で初対面、兄の話をするが、あんまり入ってこない。今彼は出ていき、モウリーンはぼーっとしていると背後の家の中にぼんやりとした人影(男)が見え、グラスが宙に浮き、平衡移動したのち床に落ちて割れる。彼氏のいる中東へ、彼氏が手配した車で山村へ、案内された部屋に彼氏はおらず、部屋を見て回っているとグラスが宙を平衡移動し、また床に落ちて割れる。モウリーンは問う。ルイスなの? ドーン!と地響き。これはヴィクトル・ユゴーが降霊術をやっていたヴィデオで見た、机の上に三人の手を置き、質問に応じて机がYESなら一度、NOなら二度揺れるのを踏まえている。やっぱりルイスじゃない、ドーン! 気のせいなの? ドーン!… つまりはすべてはモウリーンの気のせいというオチだが、喪に服すというドラマなのだろう。解せないのはセレブの殺人とホテルに持っていったカルティエはどこにいったのか、ホテルの部屋で編集者と会ったのか、だが、おそらくモウリーンは編集者とは会っておらず、幽霊による策略なのだろう…どっちでもいいが…

魂の残りもの。

 

 

夏時間の庭 [DVD]

夏時間の庭 [DVD]