2012→2013→2016 WATTISMUSICFOR

映画/音楽/文学/美術

球電がいっぱい

f:id:WATT5:20120602204434j:plain

2012/6/2 横浜開港祭

わたしが<深い精神>とか<深い愛>のような表現で使う以外は、その用法を決して深くは詮索したこのない<深さ>という観念……奇妙な先入観が、表層を犠牲にして盲目的に深層の価値を増し、<表層的な>という言葉が<大きな広がりを持つ>を意味するのではなく<深層のない>を意味するようにさせたがる。ところが<深層>は逆に<大きな深層を持つ>を意味するのであって、<わずかな表層の>を意味するのではない。しかし、愛のごとき感情は――仮に測られるとしてだがーーその深さの程度よりもその表層の大きさによって測られるようだ。なぜならば、わたしは自分のある女性に対する愛を、自分が彼女の手を、目を、歩き方を、彼女がふだん着ている衣服を、彼女が持ちなれている事物を、彼女が触れてばかりいるものを、その中で彼女が変化するところを見た風景を、彼女が泳いだ海を愛しているという事実によって測るからである。こういうものはみな表面的である、とわたしには思われるのだ! ところが、ふつうの感情は直接……表層から隠れて……性(セックス)だけを目指し、ほかの一切のものを曖昧模糊たる薄暗がりの中に放置してしまう。  

……ミシェル・トゥルニエ『フライデーあるいは太平洋の冥界』p57

 

ちょっと抽象的な話には条件反射で「ふか〜い」という相づち。底の見える浅さ、本物かどうかはわからないが、暫定的な浅さは露呈。それより「表層の大きさ」のほうがまだ可能性があるか。

 

Stereolab - Aluminum Tunes - Space Moment

Allen Toussaint - Southern Nights - Southern Nights 

Southern skies

Have you ever noticed southern skies?

It's precious beauty lies just beyond the eye.

It goes running through your soul

Like the stories told of old 

  

 アルミニウム・チューンズ

サザン・ナイツ

フライデーあるいは太平洋の冥界/黄金探索者 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-9)