2012→2013→2016 WATTISMUSICFOR

映画/音楽/文学/美術

むさい梅雨にソウル

ソウルは時節関係なくいつでも聴けるが、初夏から夏の終わりにかけてが一番いい。ヒップホップのアウトロで申し訳程度に流されるソウルかRBは何なん。

 

The Roots - Upper Egypt

The Roots - Dilla Joints (Mixtape)ソウルじゃないけど。ここでフリーダウンロードできる。ディラ偉大。

 

 Musical Massage

Leon Ware - Body Heart

マーヴィン・ゲイの裏で暗躍した男レオン・ウェアの明るい色気。

 

ア・メッセージ・フロム・ザ・トライブ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様]

Phil Ranelin & Wendell Harrison - Wife

ハリソン作曲。極上のエレピ。

 

Crazy Love

Paul Anka - Crazy Love

クラッシックというかオールディーズ。wild at heart ぽい。

 

South Side Story 23

The Notations - I'm Still Here

穏やかかと思ったら笑ける高熱。

 

You're My Desire

Four Mints - You're My Desire

コーラスがうざったいかと思ったが子どもの食いつきみたいでおもしろい。トランペットがランデブー。

 

The Dells - Sweeter As The Days Go By

男臭すぎる。胸くるしい。こんなふうに歌われたらおれだったらついていく。時が経つにつれてどんどん甘くなるもの。

 

ブルー・ヴァレンタイン

Tom Waits / Blue Valentine - Kentucky Avenue 

朗読歌唱。ケンタッキー通りの家に住む男が女に逃避行計画をお話している、のか。全然関係なさそうにピアノとストリングスが哀愁漂わせているところがアツい。

 

トータル カウリスマキ DVD-BOX

Roy Brown - Trouble at Midnight

コントラクト・キラー》

 

Personal Space-Electro Soul 1974-84

The New Year - My Bleeding Wound

Numero のコンピは間違いないのか。蚊が飛んでいるようなエフェクトが暑苦しくてよい。

 

ニュー・ビギニング (帯ライナー付直輸入盤)

Le'jit - Feel Good

エリス第7号でチョップト&スクリューのことが書いてあってこの曲もスクリューが使われているときいてよく聴いてみるとたしかに使われている。