2014-05-27から1日間の記事一覧

女の思う表と裏(女が階段を上るとき)

mo

成瀬巳喜男、1960年。 タイトルロールから全編、ポランスキーの『水の中のナイフ』かと思うほど甘いジャズが流れ、それに似合った酒場が舞台となり、成瀬といえば高峰秀子が遅れて登場し、「夕方、わたしが階段を上るときが一番嫌だ」と言って現状への不満を…