2012-05-06から1日間の記事一覧

ミシェル・ウェルベック「素粒子」

lit

10年程前にフランスを賑わせたらしい本書。異母兄弟の二人を軸に文明批判。あからさまな性描写だけでも話題になりそうな本ではある。個人的にはペシミスティックな語りに同調することはなく、半ば笑いとして受けとった。フランス現代思想がドゥルーズやフ…